光視症 疲れ

疲れが原因の光視症について等

スポンサーリンク

光視症とは目に関する疾患の一種で、目の奥にある網膜という部分に異常が発生する事等で発症するとされています。
網膜は眼球の中心にある硝子体という部分の近く位置している膜で、カメラで言うところのフィルムにあたる部分になります。
目から入ってきた情報を受け取って信号に変えて、脳へと正しく伝えるのが役割となっています。
しかし、この網膜に何等かの刺激が加えられたりすると、その影響によって視界に症状が現われる事があります。
これが光視症と呼ばれる疾患で、年代や性別等を問わずに誰でも発症する可能性を秘めています。
 光視症を発症する原因には様々なものがあり、代表的なものとしては脳梗塞や脳出血の影響、網膜剥離等が挙げられます。
また加齢によって硝子体のゼリー部分が液体に変化して硝子体そのものが変形すると、その影響で網膜が引っ張られて発症する事もあります。
それ以外にも目の疲れやストレスの蓄積、睡眠不足等が原因となる場合もあり、特に使い過ぎによる目の疲れの蓄積には注意したほうが良いです。

スポンサーリンク

 光視症を発症した場合に現われる症状としては、実際には存在しないキラキラとした光が見える等がよく知られています。
それ以外にも暗い所にいると、突然流れ星のような稲妻のような光が見える時があるといった症状を訴える人もいます。
 前述したようにこの疾患は脳梗塞等の影響で現われる事もあるので、心当たりがある場合には速やかに病院を受診するのが望ましいです。
 病院ではまず検査を受ける事になりますが、一般的には視力検査と眼底検査を受ける事が多いと言われています。
眼底検査とは瞳孔越しに目の奥を見るという検査で、目薬で瞳孔を強制的に広げてから確認が行なわれます。
 検査の結果光視症だと診断されたら治療を開始するのですが、その治療方法は原因等によって異なります。
例えば加齢による自然な発症で症状も軽度な場合等は、定期的な検査をするだけで経過観察となる事が多いです。
また網膜剥離が原因の場合等は、レーザー手術等によって剥がれた網膜を治すといった治療が行なわれます。
 ちなみに発症原因が目の疲れの蓄積による場合等は網膜自体に問題はないので、目を休ませる事で症状の改善を目指す事も多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加