飛蚊症 光視症 同時

飛蚊症と光視症が同時に発生したら

スポンサーリンク

何となく白い壁を見ていると黒い影が見える、何もないのに光が飛んで見える、このような症状を抱える人は多いもので、それぞれ飛蚊症・光視症と呼ばれます。
ほとんどは生理的なもので、加齢に伴う症状のため治療の必要はないと言われています。
しかし、飛蚊症と光視症が同時に起こり、且つ急激に進行した場合は注意が必要になります。
飛蚊症は、目の硝子体の濁りが網膜に写ることによって認識します。
黒い糸くずや丸い輪のような形状など、見え方は人によって様々です。
光視症は、硝子体の動きにより網膜が刺激された場合に、光が横切ったりチカチカして見える症状です。
どちらの症状も、後部硝子体剥離に伴って発生することが多いと言われています。
後部硝子体剥離とは、硝子体と網膜の間で剥離が生じる症状のことで、強い近視や加齢によって起きやすくなります。
強度の近視の場合、眼球の長さが一般の人よりも長い傾向にあることが影響します。
また、加齢により硝子体が委縮するため、後部硝子体剥離が起きやすくなります。

スポンサーリンク

後部硝子体剥離は硝子体のゼリー状の部分が委縮して前方に偏り、後方には水分が取り残されます。
しかし硝子体と網膜の癒着が強い場合は、硝子体により網膜が引っ張られることになります。
この状態で目を動かすと網膜が刺激され、実際にはない光を感じるのです。
また、硝子体と網膜の間で剥離する際に血管が破れて出血することで、飛蚊症が起きやすくなります。
このような理由から、飛蚊症と光視症が同時に起こる場合、後部硝子体剥離が背景にあると言えます。
注意が必要なのは、後部硝子体剥離から網膜裂孔・網膜剥離に進行する場合です。
網膜裂孔は、引っ張られた網膜が破れる症状です。
また、網膜剥離は網膜が外側の網膜色素上皮細胞から剥がれる症状です。
どちらも失明の危険性があり、早期の発見・治療が必要となります。
初期症状であればレーザー治療で進行を抑えることができますが、悪化すると手術が必要な場合もあります。
飛蚊症や光視症を同時に発症し、心配がある場合は眼科で検査を受けるようにしましょう。
眼底検査で眼球の奥を調べることで診断することができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加