光視症 両目

両目に発生した光視症について

スポンサーリンク

光視症とはその名からも分かるように目の疾患の一種で、目の中の網膜という部分や脳と関わりが深い疾患になります。
網膜とは目の奥のほうにある膜の事で、眼球の中心にある硝子体という部分に近い位置に存在しています。
網膜はカメラで言うところのフィルムに当たる部分で、目から入ってきた情報を脳に伝えるという役割があります。
 この網膜に何等かの刺激が加わったり、脳に異常が発生して発症するのが光視症と呼ばれる疾患になります。
具体的にどのような症状が現われるのかというと、実際には存在しないキラキラした光が見える等が有名です。
他にも暗い所にいると突然流れ星のような稲妻のような、実際には無い光が見えるという症状を訴える患者もいます。
また人によってはパソコン画面を見ていると光がパッと弾けるように見える、視界の端にユラユラとした光が見える等の症状が現われる事もあります。
これらの症状に心当たりがある場合には、速やかに病院を受診して検査や治療を受ける事が望ましいです。

スポンサーリンク

 光視症が発生する原因は大きく網膜に原因がある場合と、脳に原因がある場合の2種類に分類する事が出来ます。
前者の網膜に原因がある場合については網膜剥離や、加齢による硝子体の変化等が挙げられます。
通常ならばゼリー状の物質で構成されている硝子体は、年齢を重ねるに従って内部のゼリー部分が液体へと変化していきます。
この変化に伴って硝子体の形そのものも変化して、これにより網膜が引っ張られて発症してしまう事があるのです。
 後者の脳に原因がある場合に考えられるのが、脳出血や脳梗塞の影響で発症してしまうというものになります。
こういった場合には脳の治療を早急に行う必要がある時もあるので、すぐに病院で見てもらう事が大切です。
 ちなみに網膜が原因なのか脳が原因なのかを判断する目安として、発症したのが片目か両目かを確認するという方法があります。
網膜に原因がある場合には片目の発症が多く、脳に原因がある場合には両目に発症する事が多いとされています。
 ただ、これはあくまでも目安の一つなので両目に同時に発症しても、網膜に原因がある場合も否定は出来ないです。
そのため発症が片目であっても両目であっても、まずは病院で検査を受けて治療する事が大切だと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加