光視症 目薬

目薬等による治療が行なわれる光視症について

スポンサーリンク

光視症とは目に関する疾患の一種で、網膜剥離や加齢等によって発生する事が多いと言われています。
具体的には目の奥にある網膜と呼ばれる膜に関わる疾患で、この網膜に何等かの刺激が加えられると発生する事が多いです。
 目の奥にある網膜は、眼球の中心にある硝子体と呼ばれるゼリー状の部分と近い位置にあります。
この硝子体は加齢によってゼリー状の部分が液体に変化して、硝子体そのものの形が歪む事も少なくないです。
硝子体が歪む事で近くにある網膜も引っ張られて、これが刺激となって光視症を発症する事があります。
他にもストレスの蓄積や睡眠不足、脳梗塞や脳出血等が原因となって発症する場合もあるので、くれぐれも注意が必要です。
 光視症を発症した場合に現われる症状としては、実際にはないキラキラとした光が見えるというものがよく知られています。
それ以外にも暗い部屋にいると、流れ星のような稲妻のような光が突然見えるといった症状が現われる場合もあります。

スポンサーリンク

 前述したように光視症は脳出血や脳梗塞等が原因となって発症する事もあるので、そのうち治るだろうと軽く考えないほうが良いです。
症状に少しでも心当たりがある場合には速やかに病院を受診して、適切な治療を受けるのが望ましいと言えます。
 病院を受診した場合に行なわれる検査としては、視力検査や眼底検査等が基本的な検査として挙げられます。
眼底検査とは専用の目薬を使って強制的に瞳孔を広げて、瞳孔を通して眼球の奥を見るという検査になります。
これらの検査を行って現在の目の状態を確認して、発症の有無や進行具合等が総合的に判断されます。
 検査の結果、光視症だと診断された場合の治療方法については、原因や進行具合等によって異なります。
加齢等による自然な発症で軽度の場合には、定期的に検査を行なうだけの経過観察になる事も少なくないです。
症状がある程度進んでいる場合には目薬による治療を行い、目薬でも効果が出ない場合や網膜剥離の場合等には手術となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加