光視症 失明

失明の恐れもある光視症

スポンサーリンク

真っ暗の部屋の中にいるのに、ちかちかとした光の点滅が見える、目を閉じていても閃光のような光が見えるといった現象が起こったことはないでしょうか。
それは「光視症」と呼ばれる目の症状である可能性があります。
光視症とは、上記のように光を見ることのできない状態でも、光を感じてしまう症状のことです。
その光は、目から火花が飛んでいるように見える、頭の上に星が光っているように見える、など人によって様々です。
この症状の原因は、眼球を形成する「硝子体」と呼ばれる部分の異常によっておこります。
ストレスや睡眠不足によって、硝子体が収縮する際に網膜が引っ張られて刺激を受け、存在しない光を感じるようになります。
また、老化現象の一つとしてもよくみられる症状であり、50〜60歳代の人によく現れます。
生理現象の一つのため、この場合は放置しても問題なく、痛みもありません。
症状を理解して、光視症とうまく付き合っていくことが大切です。

スポンサーリンク

上記のように、光視症は生理現象の一つでもあり、痛みもないため放置しても問題はなく、決められた治療法もありません。
しかし、場合によっては失明につながる病気のきっかけになってしまうことがあります。
それは「網膜剥離」という病気です。
網膜剥離は、硝子体の収縮が激しく、それによって網膜が眼球の内側からはがれて、視力が低下してしまい、そのまま放置してしまうと失明してしまう恐れのある病気です。
網膜が剥がれ落ちるときに痛みは感じないため、気づかないことが多く、発見したときにはもう失明寸前だった、という事例もあります。
そして、その網膜剥離の初期症状としてよく現れるのが、光視症の症状です。
また光視症の症状の他に、視力が下がってきたと感じたり、目の前に虫が飛んでいるようなものが見える、という飛蚊症という症状があらわれたりしたら、網膜剥離の恐れがあるため、すぐに眼科へ行くことをオススメします。
目は、一度光を失ってしまうと取り返しのつかないことになります。
異常を感じた場合はすぐに病院へ行き、早期治療を行うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加