飛蚊症 光視症 治療

飛蚊症と光視症の治療とは

スポンサーリンク

視界に黒いゴミや虫のようなものがあり、目を動かしても同じ方向に移動したり揺れたりしていることがあります。
それは、瞬きしたり目を洗ったりしても取れません。
このような症状を飛蚊症といい、まさに蚊が目の前を飛んでいるように感じる症状のことを指します。
普段は気づかなくても、空や白い壁などを見たときに見えることがよくあります。
この原因は、眼球内の硝子体という卵の白身に似た透明のゼリー状の部分が濁ることで起こります。
この濁りが影として見えることが飛蚊症なのです。
発症した時には、光視症という症状も起きていることがほとんどです。
これは、目に光が当たっていないのに光が当たったように感じる病気です。
これも目の硝子体が原因で、つながっていた網膜との接着度がゆるくなったために起こります。
この時、眼球を動かすと網膜が刺激を受け、見えない光が見えたように感じるのです。
症状は暗い部屋にいる時にはっきりとあらわれ、眩しい光を突然感じたり目の前に光が点滅して見えたりする症状がおきます。

スポンサーリンク

飛蚊症も光視症も、ほとんどが老化によることが原因で発症し、放置しておいても生理的には問題はありません。
眼科へ行ってこの病気が判明してもほとんどは治療の必要はなく様子見になります。
症状は、自然消滅することも多いのですが慢性化することもあります。
この場合は、注意が必要で、重大な病気が潜んでいることもあるのです。
最も多いのが網膜剥離で、治療が遅れると視力低下や失明することもある重大な病気です。
これは、網膜が剥がれてしまったり穴が開いてしまうことで発症します。
また、もうひとつの危険性は、動脈硬化などが原因で脳の血管が細くなったり詰まったりして脳梗塞を発症している場合があることです。
異常のある血管が痙攣したりすることで光視症が起きることがあるのです。
脳の病気の場合は、頭痛を伴ったり両目に光の症状があらわれます。
脳梗塞は、命に関わるような重大な病気で、治っても麻痺などの後遺症が残ることもあるので早めに発見して治療することが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加