光視症 まばたき

光視症とまばたきの関係について

スポンサーリンク

光視症とは目に光が当たっていない状態でも点滅などを感じる症状のことであり、人によってはまばたきをするたびに出ることがあります。
飛蚊症という病気と症状が似ている所があり、何もない所に目に関係ない物が見えてしまうことがあります。
網膜剥離という病気が進行することで発症することがあり、光視症は加齢と共に発症率が増加していることが特徴です。
万が一この病気を発症してしまうと、まばたきをするたびに違和感を感じることがあるのが特徴となります。
同時に自然完治することがない病気や症状でもあるため、早急に医療機関を受診して完治させる必要があります。
光視症は目に症状が出る病気であることから、眼科という診療科が専門分野となっています。
基本的に保険適用内で治療を受けられますが、この病気については適用外となってしまうことがあります。
そのため費用についても、数万円以上の治療費が必要になることが多いので注意が必要となっています。

スポンサーリンク

 まばたきをするたびに光が見えてしまう病気を光視症と呼ばれており、主に眼科という診療科で治療することが出来る症状となります。
ですがこの病気を治療をすると多くの時間がかかってしまうため、日常的に予防することがポイントとなっています。
具体的に説明をしていくと、定期的に眼科で検眼することがとても重要となっています。
眼科で定期検眼を申し込むことによって、必ず目に異常が起きていないかを調べてくれます。
一般的には視力検査や眼圧検査などを行っていき、特に異常が発見されなければ抗アレルギーの目薬などが処方されることがあります。
またコンタクトを普段から着用している時には、眼科で検眼と同時に購入することも可能です。
大体数ヶ月から半年に1回のペースで検眼を受けることで、光視症を始めとする目の病気を予防することが出来ます。
こういった予防を積極的に行うことによって、光視症や飛蚊症などの症状の予防や防止につながっていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加