光視症 若い

若い人の光視症の原因について等

スポンサーリンク

光視症とはその名からも分かるように目の疾患の一種で、網膜に関わる疾患になります。
網膜とは目の奥のほうにある膜の事で、眼球の中心にある硝子体と近い位置に存在しています。
目から入った情報は網膜で信号へと変えられて、脳へと正しく伝えられていきます。
これが網膜が担っている主な役割で、ちょうどカメラで言うところのフィルムのような位置付けだと言う事が出来ます。
 この網膜に何等かの理由で刺激が加わると視界に異常が現われる事があるのですが、これが光視症という疾患になります。
視線を動かす時に硝子体が一緒に動き、その硝子体の動きが刺激となって様々な症状が現われたりするのです。
 光視症を発症した場合に現われる症状としては、実際には存在していないキラキラとした光が見える等がよく知られています。
他にも暗い所にいると突然に稲妻のような流れ星のような光が見えるという症状を訴える人もいて、どういった症状が現われるかは人それぞれです。

スポンサーリンク

 光視症を発症する原因はいくつかありますが、中でも有名なのが加齢によって自然と発症するというタイプになります。
年齢を重ねる事によって硝子体を構成しているゼリー状の物質が、少しずつ自然に液体へと変化していきます。
この変化で硝子体の形そのものが変形して、これによって網膜が引っ張られて発症してしまう事があるのです。
 では若い人ならば発症しないかというとそうではなく、若い人はまた別の原因によって発症してしまう事があります。
若い人の発症原因として多いのが、目の使い過ぎによる疲れの蓄積や、スポーツ等による網膜剥離等になります。
それ以外にも年齢等に関係なく脳出血や脳梗塞が原因となる事もあるので、早めに病院を受診するのが望ましいと言えます。
 病院で行なわれる治療方法は原因や進行具合等によって異なり、軽度の場合は経過観察となる事も少なくないです。
症状がある程度進んでいる場合等は目薬を使った薬物療法や、レーザーを使った手術等といった方法が用いられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加