目の病気 症状 光視症

飛蚊症と同様に高齢者に多く見られる目の病気である光視症の症状

スポンサーリンク

目の前にゴミのようなものが見えていて、それがどこにいても見えるのが飛蚊症と呼ばれる症状です。
飛蚊症は高齢者に多く見られる症状の一つであり、硝子体の濁りがその原因とされています。
そんな飛蚊症と似ている目の病気としては光視症と呼ばれる病気もあります。
暗い場所で目に光が入っていないのにも関わらず、目の前がチカチカと光があたっているように感じられるのが光視症と呼ばれる目の病気の症状の一つです。
光視症は同じ目の病気である飛蚊症と同じく、高齢者になると見られることが多い病気の一つです。
後部硝子体剥離によって引き起こされる病気であり、加齢だけではなく睡眠不足や目の疲労などによって発症することがあります。
レンズの役割を果たしている硝子体が収縮してしまい、網膜から剥がれてしまうために網膜が引っ張られる度に目の前がチカチカするようになってしまうのです。
症状が進行すると網膜裂孔となり、更に症状が進行すると網膜剥離によって失明の危険性もあるので病院で検査を受けることが大切です。

スポンサーリンク

高齢者に多く見られる光視症ですが、多くの場合は放置していても危険性はありません。
大抵の場合は自然と治まってしまいますので、それほど気にする必要はないのです。
網膜裂孔や網膜剥離といった症状を併発している場合には失明の危険性もあるので、光視症を発症した場合には念の為に一度病院で検査を受けることが大切です。
病院では眼底検査という方法で検査を行うのが一般的です。
簡単な検査で時間も費用もそれほどかかりませんので、少しでも異常を感じたら気軽に検査を受けることが出来ます。
もし検査で網膜裂孔や網膜剥離が見つかった場合には、レーザー治療や手術によって治療することが出来ます。
光視症は老化現象の一つとして考えられていますので、確実な予防方法はまだ確立されていません。
しかし、目を酷使していると発症する可能性が高くなるとされています。
また、ストレスも発症してしまう一つの要因となっていますので日頃からストレスを感じているという人は気をつける必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加