光視症 妊娠中

妊娠中に光視症になる原因と対策

スポンサーリンク

光視症というのは、実際に目にキラキラと光るようなものが当たっているわけでもないのに目がチカチカとする症状のことを言います。
光のない暗い部屋に居ても、流れ星や雷が見えるように光が走ることがあります。
目の中にあるガラス体が動くことで、目の奥にある網膜に刺激を与えているものと考えられています。
光視症が起きる原因としては、網膜剥離など失明の危険性もある重大な病気によって起きることもありますが、多くの場合は目の老化によるものです。
年齢を重ねることで、ガラス体と網膜が癒着するとガラス体を動かした時に網膜が引っ張られる形で見えないはずの光が見えるようになるということです。
癒着がなくなれば、網膜がガラス体に引っ張られることもなくなり余計な光が見えなくなるので光視症も改善されると言われていますが、症状は数週間続くこともあります。
外傷や脳の血管の病気、寝不足や過労で発症することもありますが、妊娠中に起きることもあります。

スポンサーリンク

妊娠中に光視症になるのは、ホルモンバランスの崩れや大きなストレス、栄養バランスの乱れなど様々な要因があると言われています。
しかし、妊娠中に起きる場合は数日程度と比較的短い期間に発症して症状が消えることも多いと言われています。
妊娠中はこころのバランスも体のバランスも崩れやすく、一時的に不調になることが多いとされています。
光視症も一時的な症状として、感じられることが多いと言われています。
その為、妊娠して出産を経ると症状は改善されることがあります。
念のため、眼科を受診して詳しく検査してもらう必要があります。
必要に応じてレーザー治療や手術を行うのが一般的な治療になります。
妊娠中は、栄養バランスに気を付けるだけでなくストレスを溜めすぎないように心がけることも大切であると言えます。
適度にヨガなやストレッチなどごく軽い運動を心がけたり、リラックスして過ごすことが出来る環境を整えることが大事であると言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加