光視症 明るいところ

光視症による明るいところでの症状について等

スポンサーリンク

光視症とはその名からも分かるように目に関する疾患の一種で、網膜に関わる疾患になります。
具体的には何等かの理由によって網膜に刺激が加えられると、この疾患を発症する事が多いと言われています。
 網膜とは目の奥のほうにある膜の事で、眼球の中心である硝子体と呼ばれるゼリー状の部分に近い位置に存在しています。
この中心にある硝子体のゼリー部分は加齢に伴って液体に変化する事があり、その影響で硝子体の形が崩れる事があります。
この硝子体の変化によって網膜が引っ張られてしまい、これが刺激となって光視症が発生するのです。
こうした原因以外にもストレスや疲労の蓄積、脳出血や脳梗塞等が原因となって発症する場合もあります。
 光視症を発症した場合に現われる症状としては、暗いところにいると稲妻のような光が突然見えるというものがあります。
しかし症状が現われるのは暗いところだけではなく、明るいところにいても症状が現われる人もいます。
明るいところにいた場合に現われる症状としては、本来は存在していないキラキラした光が見える等が挙げられます。
暗いところと明るいところ両方もしくは片方の症状に心当たりがある場合には、速やかに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク

 前述したように光視症は脳梗塞や脳出血の影響で現われる事もあるので、老化現象だろうと軽く考えないほうが良いです。
症状に気付きながらも放置を続けると脳梗塞の悪化等を招く可能性もある事から、病院で検査を受ける事が大切だと言えます。
 病院で行なわれる検査内容については、一般的には視力検査と眼底検査が基本とされています。
眼底検査とは瞳孔を通して目の奥の状態を確認するという検査で、目薬で強制的に瞳孔を広げて確認をします。
これらの検査によって光視症だと診断された場合には、状態等に合わせた治療が行なわれる事になります。
 病院で行なわれる治療内容は複数ありますが、発症の原因や症状の進行具合等によって治療方法が異なります。
老化等による自然な発症で症状が軽度の場合等は、定期的な検査を行なうだけで様子を見るという場合が多いです。
症状がだいぶ進行している場合や網膜剥離が原因となっている場合等は、手術で状態の改善を行なうようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加