光視症 青い光

青い光が突然見えることがある光視症について

スポンサーリンク

突然青い光が見えてしまうという病気があり、それは光視症というものが関係していることがあります。
この病気を発症することによって、光が無い場所でも突然青い光が見えてしまうことが最大の特徴となっています。
これは眼球の中にある硝子体というものが関係しており、これが剥がれてしまうことによって発症してしまいます。
通常はこれが剥がれるといったことはありませんが、外部から強い衝撃などを受けると剥がれてしまうことがあります。
そうなると光視症という病気を発症することがあり、視界が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。
また加齢によって発症率が増加してしまうことや、脳に何らかの病気を発症することでも起こることがあります。
基本的に顔の部分に何らかの異常が発生することで、青い光が見えるような症状を発症してしまいます。
これが光視症と呼ばれる病気の特徴となっており、顔や脳などに強い衝撃が加わることで発症率が増加します。

スポンサーリンク

 光視症を発症すると突然青い光が見えてしまうことがあり、光が集まっていない場所でも見えるようになってしまいます。
次に一般的な治療法について紹介していくと、目の症状を専門に扱っている眼科を受診していきます。
眼科で行う検査として、1つめに今現在の視力を調べるために視力検査を行っていきます。
光視症によって視力が低下していないかを調べる目的があり、目に異常が発生していないかを検査していきます。
そして2つめに眼底検査というものを行うことがあり、これは専用の目薬を使って瞳孔を広げていきます。
それによって眼球の奥の状態を調べるための検査となっており、光視症の具体的な症状確認をしていきます。
これらの検査が終了した後で、医療用レーザーを使って治療をしていく流れとなっています。
これが一般的な治療の流れとなっていますが、症状が軽い場合においては目薬だけ処方されるということもあります。
なので必ずしも眼科を受診したからといって、医療用レーザーなどを使用して治療が始まるわけではないです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加