光視症 一時的

一時的な光視症について等

スポンサーリンク

光視症とはその名前からも分かるように目の疾患の一種で、網膜や脳の原因等で発症する疾患になります。
具体的にどのような症状が現われるかというと、実際には存在していない光が見える等がよく知られています。
それ以外にも暗い所にいると突然稲妻のような鋭い光が見える、パソコン等を使っていると光が弾けるように見える等もあります。
 光視症が発生する原因は様々ですが網膜に原因がある場合と、脳に原因がある場合に大きく分類する事が出来ます。
前者の網膜に原因がある場合とは、目の奥にある網膜という膜に何等かの刺激が加わる事で発症するというものになります。
具体的には加齢による硝子体の変形に伴う網膜への刺激、網膜剥離等が挙げられます。
人間の目の中心には硝子体と呼ばれるゼリー状の球体があり、その奥に網膜という膜があります。
年齢を重ねると硝子体を構成するゼリーが液体へと変化する事があり、これによって硝子体の形が変形してしまう事があるのです。
こうなると奥にある網膜も硝子体に引っ張られて刺激を受ける事があり、これによって光視症を発症する事があります。

スポンサーリンク

 後者の脳に原因がある場合として考えられるのは脳梗塞等の脳の疾患の影響、脳の血管の痙攣等になります。
脳梗塞等の脳の疾患が原因の場合には早急に治療が必要な場合もあるので、速やかに病院を受診するのが望ましいです。
 ちなみに若い人を中心として光視症の症状がずっと続くのではなく、一時的に発生するというパターンもあります。
この一時的な発生の原因として考えられるのは、ストレスや疲労の蓄積、睡眠不足等になります。
仕事等でデスクワークが多く目の疲労が溜まったりすると、一時的に光視症の症状が現われる事があるのです。
 光視症を発症した場合の治療方法については、原因や進行具合等によって異なった方法を用いる事が多いとされています。
例えば加齢による自然な発症で症状が軽い場合等は、積極的な治療はせずに定期的な検査だけを行なう事が多いです。
 逆に網膜剥離や脳梗塞等が原因の場合には積極的な治療が必要で、レーザーを使った手術等が行なわれる事もあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加