光視症 30代

30代でも起こる光視症とは

スポンサーリンク

光視症は、目の前に光が走ったり、光が点滅したりするように感じる病気です。
暗い場所にいるときに気づくことが多く、見えない光が見えたように感じてしまうのです。
これは、中高年が発症することが多い病気でほとんど加齢が原因です。
眼球には、硝子体というレンズの役目をする部分がありますが、若い頃は網膜とぴったりと接着しています。
しかし、老化で硝子体が収縮し、網膜との接着が緩くなってしまいます。
硝子体が揺れると網膜が刺激を受けて、見えない光を見えたように感じてしまうのです。
老化による光視症は、そのまま放置しておいても大丈夫ですが、慢性化したり病状が進行すると網膜剥離になってしまう可能性があるので注意が必要です。
老化が主な原因の病気ですが、最近は30代でも発症することが多くなりました。
パソコンやスマートフォンなどの長時間の使用で目に負担をかけることが増えたからです。
また、会社や家庭でのストレスなども大きな原因となっています。

スポンサーリンク

睡眠不足や過労なども30代の光視症の原因となっています。
この症状があらわれた時には、飛蚊症という病気も発症していることがあります。
飛蚊症は、目の前に虫や黒いゴミなどが浮かんで見える病気です。
これは、眼球を動かすと虫やゴミも同じ方向に動いて見えます。
飛蚊症は、目の硝子体が劣化して濁ることにより、その影が黒く見えることで起こります。
30代の場合は、老化で起きる症状が早めに起き始めたことで眼精疲労がピークに達していることも考えられます。
この場合、網膜剥離などの病気に進行する確率も高くなるので定期的な検査が必要です。
眼底検査をすれば重大な病気もすぐ発見できるので早期に治療できます。
それに、生活習慣を改善して眼精疲労を予防することも大事です。
ストレスをためないようにして、睡眠を十分にとり疲れをとる事も必要になってきます。
パソコンやスマートフォンを使う場合は、時々目を休ませて遠くを見たりすることも効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加