光視症 立ちくらみ

目がチカチカして立ちくらみを感じる光視症

スポンサーリンク

急に立ち上がった時に立ちくらみを感じることは日常生活を送っていてよくあることでしょう。
疲労が溜まっていたり、睡眠不足の時に起こりやすい症状です。
しかし、立ちくらみを感じるだけでなく、同時に目がチカチカとしたり、目の奥に鋭い痛みを感じたり、気分が悪くなり吐き気を覚えたりした場合は、目や脳の病気も考えられます。
光が当たっていないにも関わらず、目がチカチカして光の点滅を感じる場合は、「光視症」が考えられます。
光視症は網膜剥離や網膜列孔といった目の病気が原因で発症する場合もあれば、疲労、睡眠不足、加齢、パソコンやスマホなどによる目の酷使などでも発症するケースがあります。
疲労や睡眠不足、目の酷使などが原因の場合は、体を休めて症状の様子見となります。
チカチカが止まらなかったり、立ちくらみがひどい場合は病院で診察を受けた方が良いでしょう。
光視症の原因が網膜剥離などの目の病気によるものの場合の根本的な治療には、手術やレーザー治療が必要となります。

スポンサーリンク

網膜にダメージが無いにも関わらず、光視症の症状を感じる場合の多くの原因は目の老化によるものです。
老化は生理現象のため、防ぎようがありませんが生活習慣を見直し、改善することで老化をできるだけ遅くすることができます。
まず普段の生活で取り入れてほしいのが抗酸化成分の摂取です。
普段の食事やサプリメントなどで意識的に摂取するようにしましょう。
また、外出する際は紫外線から目を守るためにサングラスを身に着けることも有効です。
パソコンやスマホ、テレビなどから発せられる光から目を守るため、長時間の使用は避けましょう。
これらを生活の中に取り入れることで、目の老化を防ぐプラス白内障や緑内障、網膜剥離といった目の病気のリスクも低減することができます。
目の老化や眼病の予防に欠かせないと言われる成分が「ルテイン」です。
ルテインを定期的に摂取することで、白内障や緑内障、飛蚊症といった症状が改善するケースもあります。
現在ではサプリメントでドラッグストアなどで購入することが可能なため、ぜひ試してみて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加