光視症 パソコン

光視症の原因はパソコンなどの見過ぎかもしれない

スポンサーリンク

光視症は、実際にはない光が見える症状のことです。
チカチカとした光の線や丸状の光が見えたり、フラッシュのように一瞬光ったりします。
視界の隅の方に見えることが多く、目の酷使・目の病気・脳の病気・神経の問題などにより起こります。
近年は光視症になっている人が多いといわれており、その原因としてはスマートフォンやパソコンを使用する時間が長い人が増加したことにあります。
プライベートでは若者層の人たちがゲームなどでスマートフォンを使用し、長時間画面を見ていたり姿勢の悪さによる影響が問題視されています。
夢中になるのは分かりますが、姿勢や使用時間に気を付けないと頭痛・眼精疲労・ストレートネック・顔の皮膚のたるみなどの他にうつ病の原因になることもあります。
目は脳の一部なので、使えば使うほど目と脳が疲れます。
脳が疲れるとぼーっとしたり・集中力に欠けたり・意欲が低下したりします。
スマートフォンやパソコンを使用すること自体は悪いことではないので、使用の仕方に注意すると良いと思います。

スポンサーリンク

プライベートの他に仕事でパソコンを使用する企業も増えているので、眼精疲労などになるのは仕事だから仕方ないという人もいると思います。
仕事上で使用している場合は仕方のないこともあるかもしれませんが、自分で意識して休憩したり、帰宅してから目を労わることで光視症などの目の異常を軽減&予防できます。
休憩時間は1分とか5分とか短い時間で良いので、少しだけ画面を見るのをやめて遠くをみたり目を閉じたりすると、目の疲労感が違います。
ぶっ通しでやるよりは、少しでも休憩をする方が酷使具合は低くなります。
目を労わるには、目の周りをマッサージしたりホットアイマスクを使用すると効果的です。
マッサージは目の周りだけでなく、頭皮や首肩もマッサージするとよりスッキリします。
使用する時間が長い人も目を労わることをしている人も、最も大切なのは生活習慣です。
栄養バランスの良い食事は健康的な体を作り、目や脳の活動にとっても重要なものになります。
睡眠は体の修復や成長に必要不可欠であり、適度な運動は質の良い睡眠やエネルギー発散のためになります。
なにか一つではなく、生活全体を見直すと健康美容のためになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加