網膜剥離 症状 光視症

網膜剥離の症状として現われる事のある光視症について

スポンサーリンク

光視症とはその名からも分かるように目の疾患の一種で、目の中の網膜という部分に関わる疾患になります。
網膜とは目の奥のほうにある膜の事で、眼球の中心にある硝子体というゼリー状の部分と近い位置に存在しています。
この網膜に何等かの理由で刺激が加えられると、光視症という疾患が発生する事が多くなります。
 この疾患を発症してしまう原因については加齢等による自然な原因もありますが、有名なものとして網膜剥離が挙げられます。
網膜剥離とはその名の通りに網膜が本来あるべき位置から剥がれてしまうという疾患で、ひどくなると失明してしまう可能性もあります。
網膜剥離によって網膜の一部が剥がれると、それに引っ張られるようにして網膜に刺激が加えられます。
この刺激によって光視症という疾患を発症してしまう事も多く、網膜剥離が発生した場合には注意が必要です。
 網膜剥離以外の原因としてはストレスや疲労の蓄積、脳梗塞や脳出血等の影響で発症する場合が考えられます。

スポンサーリンク

 光視症を発症した場合に現われる症状としては、実際には存在していないキラキラした光が見える等が有名です。
それ以外にも暗い所にいると、突然稲妻のような光が見えるという症状が現われるという人もいます。
これらの症状に心当たりがある場合には早めに病院を受診して、きちんとした検査・治療を受ける事が大切です。
 病院で行なわれる検査については視力検査と眼底検査が一般的で、これらの検査結果から総合的に判断がされます。
ちなみに眼底検査とは瞳孔を通して目の奥の状態を確認するという検査で、目薬で強制的に瞳孔を広げてから確認がされます。
 検査の結果から光視症だと診断された場合の治療方法についてですが、原因や進行具合等によって異なってきます。
加齢による自然な発症で軽度の場合等には経過観察となる事が多く、定期的な検査だけで積極的な治療は行なわないです。
 しかし発症の原因が網膜剥離によるものの場合には、網膜の剥がれた部分を治すレーザー手術等が行なわれる事が多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加