光視症 頻度

光視症の症状が起きる頻度が増えたら早めに眼科を受診しよう

スポンサーリンク

光視症は眼に光が当たっていないのにチカチカした光の点滅を感じたり、暗い部屋で稲妻のような光を感じる症状のことです。
これは後部硝子体が網膜を離れることにより、実際に光が当たっていなくても光を感じるようになるためです。
人によって光を感じる色や形は様々で、症状を感じる頻度や持続時間も異なります。
歳を重ねると光視症の症状を訴える人が増えますが、これは生理的な現象が原因の可能性が高いです。
念のために眼科を受診して病気にかかっていないことが確認できれば、精神的に安心することができます。
しかし症状を感じる頻度が増えたり、飛蚊症の症状も併発しているようであれば病気が隠れていることが考えられます。
そのため早急に眼科を受診して、視力検査や眼底検査を受けることが必要です。
光視症は過労やストレス、睡眠不足が原因で発症することもあります。
そのような場合はリラックスできる時間を設けたり、睡眠時間を確保することで症状が起きる頻度を軽減させることが期待できます。

スポンサーリンク

光視症は生理的な現象が原因で発症している場合は、治療を受ける必要がありません。
治療方法がないということもあり、眼科で定期的に検査を受けて様子を見ることになります。
自然と症状が改善されていくことも多く、症状が治まらなくても重大な病気につながる心配はありません。
しかし眼科で検査を受けた結果、網膜裂孔や網膜剥離が起きていることが確認される場合があります。
網膜裂孔は放置しておくと網膜剥離に進行してしまい、網膜剥離は進行すると失明する恐れがあります。
そのため網膜裂孔や網膜剥離の進行を止めるために、レーザー治療や手術を受けることが必要になります。
光視症は脳の血管の病気が原因で、発症してしまうことも考えられます。
光視症の症状を感じた後に頭痛が起こるようであれば、脳の血管の病気にかかっている可能性が高いです。
そのような時は眼科の他に、神経内科を受診して検査を受けることが必要です。
眼科の検査は簡単で費用もあまりかからないので、安心するためにも眼に異常を感じたら眼科を受診することが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加