光視症 治療方法

光視症の治療方法について

スポンサーリンク

光視症は、真っ暗な部屋の中や目を閉じたときなどの、およそ光を見ることの出来ない状況において、雷や花火のような光が見えてしまう症状です。
見え方は人によって様々で、稲妻のようにピカッとした光が見えたり、カチカチと点滅するるライトのようなものが見えたりします。
ただ、見える光は共通して白っぽいという大きな特徴があります。
光視症の原因は、目の網膜に関係しています。
目には、硝子体と呼ばれるレンズのような役割を担っている器官があります。
その硝子体という部分が網膜からはがれ落ちることで、そのような症状を作り出してしまいます。
硝子体が網膜から剥がれ落ちる原因は、多くの場合加齢です。
年を重ねる毎に体の様々な部分に悪影響が出て来ますが、眼球も例外ではありません。
また、加齢だけでなく、ストレスや睡眠不足なども影響していると言われているため、若いうちから光視症の症状が現れている場合は、生活習慣を正しストレスを取り除く必要があります。

スポンサーリンク

では、光視症になってしまった場合どのような治療方法をとれば良いのでしょうか。
実は、光視症には明確な治療方法と言うものがありません。
上記のように、硝子体が網膜から剥がれ落ちるという現象は、いわば老化現象の一つであり、珍しいことではありません。
また症状に痛みはなく、光に慣れてしまえば放っておいても問題がないため、放置してしまう人も多くいます。
ただ気をつけるべきことは、網膜剥離についてです。
網膜剥離は、網膜自体が眼球から剥がれ落ちて視力が低下してしまう疾患です。
疾患に気付かず放置してしまうと、失明する恐れもあるため、早期発見が重要となります。
この網膜剥離という疾患の初期症状として現れるのが、光視症の症状です。
症状がずっと続いて治らない、視力が低下してきた、などの症状がある場合は、すぐに眼科で精密検査を受ける必要があります。
網膜剥離と判断された場合には、薬による治療方法、または手術を行わなくてはならない場合もあるため、注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加