光視症 頭痛

光視症と頭痛について等

スポンサーリンク

光視症とはその名からも分かるように目の疾患の一種で、実際に経験した事がある人も少なくないです。
具体的にどういった症状が現われるのかというと、実際には存在していないキラキラした光が見える等があります。
それ以外にも暗い所にいると突然稲妻のような流れ星のような光が見える、パソコン等を使っていると光が弾けるように見える等も挙げられます。
どういった症状が現われるかは人それぞれで、しかも症状が片目だけの場合や両目の場合があります。
 そもそも光視症が発生する原因については、網膜に原因がある場合と脳に原因がある場合に大きく分類する事が出来ます。
前者の網膜に原因がある場合として考えられるのが網膜剥離や、加齢による硝子体の変形等になります。
 加齢による硝子体の変形とは眼球の中心の硝子体を構成しているゼリー状の物質が、年齢を重ねるに従って液体に変化する事で発生します。
構成物質がゼリーから液体に変わる事で硝子体の形を維持出来なくなり、本来は球状である形が歪んでしまう事があるのです。
この硝子体の変形が起きると近くにある網膜という膜が引っ張られて、その刺激で光視症を発症する事があります。

スポンサーリンク

 光視症のもう一つの原因である脳に原因がある場合とは、脳出血や脳梗塞等の脳の疾患の影響で発症する場合等を言います。
この場合には早急に脳の疾患の治療を開始しないといけない場合もあるので、速やかに病院を受診する事が大切です。
こうした脳の疾患が原因となっている以外にも、偏頭痛の前兆として視界がチカチカするという症状が出る事もあります。
 他にも脳に原因がある発症として考えられるのが、脳の血管が痙攣しているという場合になります。
この脳の血管の痙攣が原因の場合には、症状の一つとして頭痛が起きやすいのが大きな特徴となっています。
視界がキラキラとする等の症状と合わせて頭痛が起きている場合には、この原因を疑ってみたほうが良いです。
 光視症の治療方法については原因や進行具合等によって異なり、加齢が原因の場合等は経過観察となる事もあります。
また網膜剥離や脳梗塞等が原因の場合には、それらの疾患を治療する事で光視症が治る事も多いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加